女性が幸せに働くためには?

6月に企業様の年1回、数百名集う研修で、フリーランスのデザイナーという立場でお話させていただくというとてもありがたい機会をいただきました。

今から緊張していますが(!!)、少しづつ色々な資料を見たり、本を読んだり、自分なりに考えをまとめたりして、進めてきました。
今日はその原稿書きをしました。

そして、わたしは女性が幸せに働くためには、とにかく何よりも

・自分の価値観をよく知ること
・そしてそれを人と比べないこと
・さらに心と身体の健康を意識すること、

このことをいつもいつも考えています。

身体が整っていないと、誰でもキレやすかったり、誰かをコントロールしようとしたり、自分の思い通りに動かしたくてたまらなかったり、
それがうまくいかないと人のせいにしたり、してしまう。
わたしもそんな時期がありましたし、そうゆう人に出会い学ぶこともありました。
冷え取り健康法に出会い、ひたすらに冷えをとり、先人の知恵から心身を整えるあらゆる方法を試してきたら、
少しづつですが、身体が整い、心が整ってきたと思っています。
女性はホルモンバランスの影響もあったり、社会や家庭の中であらゆる役割を担うことが多く、
自分のことはあとまわしになりがち。
色んなことをやりすぎているな、と感じたら、少し休憩して深い呼吸する、葛藤をふと手放すと、あれ、こんなことだった?
という気づきがあることもあります。

こんなふうに、少しづつですが、女性の心身のこと、働くことをデザイン思考、デザインメソッドで語ってみたいと思います。
ここでも、ブログで少しづつ書いてみます。

……。
少しづつですけどネ(笑)

写真はmmbsのおまけ鉛筆、
「勇気!元気!のん気!」

関連記事

PAGE TOP