BLOG

hanhachi BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. BLOG
  4. 物事の本質をみること

物事の本質をみること

昨日リストアップした本の中から今日は与沢翼さんについてです。

与沢さんのことは、それまで”なんとなく知っている”と言う感じでしたが、
数年前ライター講座に通っていた時に登壇したある編集者の方のお話がきっかけで興味を持ち、ご著書などを読みました。
そこで大変気付きがあり勉強になったので、以来、Youtubeなどの発信も見させていただいてます。

与沢さんはネオヒルズ族の時代から、派手な振る舞いや風貌が全面に出され、
メディアから「秒速1億円稼ぐ男」ともてはやされてきました。
しかし、税金滞納や自己破産の経験から一度全てをリセットしたのち株式投資で復活され、今はご家族と海外を拠点に生活されています。
ご著書を読み、Youtubeの発信などを聞いていると大変に勉強になり、
気付きや感銘を受けることが多く、ご本人の発信からとても学ばせていただいてます。
また、過去の派手なメディア露出から、遊び好きな富豪のイメージがありますが、
私自身は発信の内容から、ご本人は物事の本質を見極め家族を大切にし、
努力家で周囲にも謙虚な大変に頭の良い方というイメージがあります。
(たまに人間的な一面も素のままでおちゃめなところもあり、時々登場する御子息のレイくんはとても可愛いです。)

そんな中、本屋で与沢さんの新刊を見つけました。

与沢さんの発信から学んだことと一番の気付きは、
「物事の本質をみることと、自己反省」です。
与沢さんは当時、自分の失敗から目を背けず、とにかくとことん内省したとおっしゃってました。(Youtubeにも過去のものがあります。)

私もここで気付きがありました。

例えば、仕事、人間関係、病気など、なんでも良いのですが、何か自分にとって不都合やトラブルがあった時、とかく人は物事の本質(原因)から目を背けがちだと思うのです。
(意識的か無意識的かをひとまず置いておいたとしても、です。)

その理由は簡単で、原因が自分の内側にないことが”安心”で自己肯定できるからです。
「自分は悪くない」というやつです。

原因を自分以外のものや他人のせいにしておけば、責任を問われることもなく、自分は傷つくこともなく、楽です。
また、「自分はこんな酷い目にあった」と友人・知人・家族に語り、同情を得てなぐさめてもらうこともできるでしょう。
(ここで大事なのは、この発信が本人からのみによる一方の偏ったものだということなのですが。物事は多角的に捉えることが常に大事だと思っています。)
私も未熟がゆえに、独立したての頃はそうゆうことに幾度となくぶつかりました。
でも、ここで一番大切なのは、問題の本質をいかに自分の内側に見出せるか、
と言うことだと思います。
私が常に振り返りを求める本、アドラー心理学の「嫌われる勇気」の中にも、
「他者の課題と自分の課題を切り離す」とあります。
なぜこうなったかの原因を客観的に把握し、自分の問題点に気づく、
そして反省を繰り返し、二度と同じ失敗は繰り返さないと受入れ、
その知恵と経験を自分の糧にして前に進むということです。
繰り返しになりますが、この時に大事なのは「原因を外側にもとめない」ということです。
何か自分以外のせいにすることは一見正統なようなのですが、
ここで見落とす一番のネックは、そうすると成長のきっかけを逃してしまうということなのです。

与沢さんは、10代で逮捕されたこともあると本や動画でお話されていますが、
先日のYoutubeでは20代で起業した当初から、人への礼節だけは大切にしていたとお話されています。
そして、ご著書や動画の発信を受け取るたびに、本物でありつづけるため、
一目につかないところで大変に努力されていると感じます。
また、物事を成し遂げる道をつくっている時は徹底的に情報を排除し、自分と向き合うともおしゃってました。

私は何か目の前に自分にとって不都合なことが起こった時、
「果たしてこのことは何を学ぶために自分の前に現れたんだろう」と
考えるようにしています。
そして、原因を自分の中にもとめ、その原因を見つめます。
そうすると、ひとつ、またひとつと人生の階段を登っていける気がしています。
謝罪が必要なら謝罪し、反省するべきことは反省し、
仕事においては時代の流れを読み、常に周りの人への感謝を忘れず、
徹底的に”自分”であるというということ。
いつも、何かを選択したのは”自分”だからです。

今日はそんなことを思いながら書いてみました。

学生の頃はあびるように本を読んでいたのに、
独立してからは読書の数が減ってしまい、それをいつも不足の気持ちで捉えていました。
本を読むようになったのは、中学生の頃、父の本棚から面白そうなものを拝借して読んでいたのがきっかけです。
父は40歳で独立起業し、60代後半で定年退職しました。
そのため、会社経営や7つの習慣など、自己啓発に関する本もありました。
その後はゴルフと読書を趣味にし、80歳を過ぎた今でも毎日読書をしています。どんなに面白くない本でも最後まで必ず読み切る、というのが信条だそうです。
そして、出会った本の中から面白いと思った本を勧めてくれるのです。
父の勧めてくれる本は確かに本当に良書です。
たくさんの読書の中から良いと思ったものを勧めてくれるわけですから、ハズレがあるはずもありません。

1日の中で効率化をし、時間は作れるものと気づいたので、
私の読書習慣をこれからも続けたいと思います。

関連記事