BLOG

hanhachi BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. BLOG
  4. 2021年春 最近のこと

2021年春 最近のこと

久しぶりの投稿になりました。

新年の挨拶も書かずに2021年となりました。
最近は寒暖差が大きく、春に向かって季節が進むのを感じていますがみなさんいかがお過ごしですか?

わたしは、最近は昨年からはじめたnoteの方にブログを書いていまして、
こっちのブログは本当にほとんど更新していないのですが(笑)
年に4回の季節変わりくらいは更新していこうと思い、今パソコンに向かっています。

プライベートなご連絡となってしまうのですが、
実は、今年に入ってすぐわたしの母に肺癌が見つかりまして、
1月から今日まであっという間の日々でした。

12月に体調の異変があり、毎年恒例の1月の幕張での講座の進行中に母の検査検査となり、
終えると同時に病院に家族が呼ばれ、83歳の父が78歳の母に付き添いで、
病院をめぐる日々でした。

昨年、私が小田原に引っ越しまして、千葉の実家から離れてのことですので、
私も大変心配する日々でした。
主人の母が同じく肺癌の手術をしたのが一昨年でしたが、昨今の状況で主人の仕事もテレワークできる環境が整ったのでこちらに移転してまいりました。

週末は義母の様子も見舞いながらの毎日でしたが、そんな中、腰痛はありながらもまさか病気と無縁だった今回の母の癌はわたしとって大変にショックでした。

さらに、高齢の父と母の二人暮らし。
普段家事をほとんどしていない父が、母の入院生活の間、一人で家を回すことになり、家族の一致団結が必要な試練が今年早々にやってきました。

普段は自己管理も素晴らしく、とてもしっかりした父ですが、
さすがに心細くなったのか弱音もあり、私もしっかりしなくてはと思う日々でした。

千葉と小田原を行き来する1〜2月、手術当日も立ち会い、術後も実家の手伝いなどこなす日々でした。

先生からは、「大変に珍しい種類の癌で手術も難しい」と聞き、とても心配でしたが、おかげさまで手術も無事に終え、今は退院し自宅で療養しています。

しかし、家事が生きがいの母が家事が思うようにできなくなり、83歳の父がひとりで頑張っています。
母の入院の間、広い家に83歳の父が一人きりとなり、毎日電話をし、
母の不在だった週末は主人と泊まりに行きました。
母の退院の日、病院から連れて帰ってきた時、父が、
「この2週間、お母さんに頼まれたこともやって自分なりによく頑張ったと思う」言った時、思わずホロリと来てしまいました…。

自分も40代ですから親も年を取るのは当たり前ですが、
ずっと元気でしたので、本当に驚きと心配と共に心身大変な日々でした。
親は大事にしていきたいなと思う今日このごろです。

さて。
立春も過ぎ、春分に向かって新しいチャレンジもしていきたく、
今年やることをリストアップしています。

冬に溜まったものを整理して、身軽に新時代に向かってまた勉強も進めたいと思います。

外出自粛の日々が続きまだまだ油断はできませんが、外は春の空気も感じられます。
どうぞ穏やかな日をお過ごしください。

関連記事